患者様へ

注意:このページで記載されている内容は、あくまで放射線治療の一般的な記載です。個々の病気の部位や状態によって異なってきますので、個別の詳細な内容は担当の医師、看護師にお聞きください

放射線治療について

放射線治療はがん治療の中での重要な柱の一つですが、日本では導入も遅れていたため、一般の方にも知られておられず、医師の方にも最新の放射線の知識が十分でないこともあります。高齢の方、合併症がある方では手術や化学療法もできない場合も多いですが、そのような場合にも放射線はしばしば可能です。自分のがんについて放射線治療が使えるかどうか、不明であれば担当医に聞き、またセカンドオピニオンとして放射線治療科にご相談いただければと思います。ご本人や各科の担当医と相談しながら可能な場合には施行します。

疾患別に説明を記載しました。
該当する疾患についての説明文をご覧頂く場合は、下記疾患名をクリックしご覧ください。

なお、新しい放射線治療に関する情報は、

世界の放射線治療

にもあります(ただし世界の研究の紹介であって、これらの治療は当科でおこなっているとは限りません)

関連情報のご紹介

①患者様向けの動画

初めて放射線治療をされる方は不安もあるかと思いますが動画による案内で少しでも解消できるかと思います。下記URLをクリックして頂ければ、動画をご覧になれます。

「日本放射線腫瘍学会ー患者様向け動画」

動画は次のような構成となっています。

  • Scene 1:知る - 「ご存知ですか?がんの放射線治療」
  • Scene 2:理解を深める - 「これが 最新の放射線治療」
  • Scene 3:患者さんの体験 - 「密着!放射線治療 自分らしく生きるために」

②参考書籍のご紹介

当科の客員教授の武田篤也先生(大船中央病院放射線治療センター長)が、患者様向けの放射線治療に関する本と電子書籍を出版していますので、よろしければご参考下さい。
詳細(目次)や内容に関しましては、クリックして頂ければ、ご覧になれます。

「最新科学が進化させた 世界一やさしいがん治療の詳細」

「治療法選択手引き書 早期肺癌と告知されたら手に取ってみて下さい: ピンポイントの放射線治療、手術の効果を知っています?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加