脳転移について

 がんが脳に転移した場合におこないます。脳全体に放射線を照射する全脳照射、病変のみに集中する定位放射線治療(ラジオサージャリー)があります。それぞれ利点、欠点があります。全脳照射の場合は、頭髪が抜けます。また1年くらいしてから認知機能に影響が出る場合があります。定位放射線治療では副作用は少ないですが、病巣が多数になると技術的に困難で、また、新たな病巣の出現を防げません。全脳照射と定位治療を組み合わせる場合もあります。これらの治療法の選択は、全身のがんの状態や全身治療とのバランスで考える必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加