はじめに

 米国などでは、放射線治療を行う割合ががん患者のうち65%と言われているが日本では約27%程度です。この違いはどこから来るものでしょうか?様々な理由が考えられますが、一つには患者にとっても医師にとっても放射線治療の情報が不足しているためではないかと思われます。特にがん患者さんは、まずそれぞれの診療科に受診してそこで治療法の選択をする、あるいはされてしまいます。その段階で患者に十分に治療法の選択肢が伝えられなければ、最適な治療が選ばれないこともありえます。最終的にどのような治療になるとしても、正確で十分な情報があった方が良いはずです。しかし診察した医師の考えに偏ることも、忙しい外来では十分説明されないこともありえます。放射線治療の選択肢があれば放射線腫瘍医(放射線治療医)が別途説明した上で選択されるのが望まれます。
 この欄では最新の放射線治療についての情報を最近の権威ある医学論文より簡潔にまとめます。医学論文は毎年星の数ほど出版され、玉石混淆で中には相互に矛盾するものや内容が疑わしいものもあります。そこでインパクトファクターという論文の重要度に関連する指標の高い、臨床医学の超一流誌を中心に紹介します。テーマは放射線治療に関係するものですが、一方でなるべく偏ったものでは無いようにし、科学的根拠に基づいた事実を基に書いていくようにします。可能な限り平易にし患者さんの治療選択の役に立つようなものにしたいと思っていますが、更にはがんの診療に関わる医療者にとっても役に立つものになれば幸いです。客観性を求めると内容的にはどうしても専門的になるのはご容赦ください。ただし、ここで書けることはどうしても一般的なことになります。患者さん個別の事柄についてはセカンドオピニオンなどを利用してください。
付属八王子病院放射線治療科 特任教授 国枝悦夫

*一部の記事には原論文の図を引用しています。一般に少数の図の引用は許されるとされていますが、1、2の図のみに限定しておきます。原文のままですがご容赦ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加