肺転移・肝転移などについて

 多発する場合は放射線治療の適応になりませんが、他部位のがんが制御されており、大きさ、部位などの条件とともに、治療によって生存期間の延長が期待される場合などに定位放射線治療を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加