前立腺癌転移に対する治療

これも前の論文(肺がん転移)と似たような感じですが、転移に対する治療の意義を示した、フェーズ2のくじ引き比較試験です。前立腺癌はホルモン治療がとりあえず有効であるなど通常と違った要素があり、少しわかりにくいですが頑張って(笑)なるべく簡単に書きます。
これまで多くのがんで、転移があればその転移を直接治療する事は意味がない、という風に思われてきました。実際その通りの場合も多いのですが、少ない数の転移であれば、それも治療することで新たな転移を防ぎ、生存率を上げることができるのではないかということも考えられています。
この欧州での研究では、前立腺癌の治療あと少数の転移が出現した患者さんをくじ引きにより2つのグループに分けています。片方のグループでは転移を切除する手術または定位放射線治療を行なっています。他のグループは経過観察のみ行いました。62名の患者さんがこの研究に参加してくれました。転移に対する治療としては、定位放射線治療が25件、手術が6件でした。経過中にホルモン治療を開始したかどうかの率を図2に示しますが、転移にも治療した方が、かなり有効です(13ヶ月対21ヶ月)。ここでは生存率の代わりにホルモン治療を開始したかどうかの率を指標としています。この指標は別の研究で生存率の指標になることが示されています。なお、転移治療に伴う副作用は実質的にありません。

先にも述べたように前立腺癌の場合には転移があってもホルモン治療が非常に有効です。また一方でホルモン治療には副作用もあり、またある期間が経過すると効果がなくなる性質もあります。そこで転移が見つかっても症状がないとか、増大傾向が極端でないとかであればホルモン治療をすぐに開始する必要はないとも考えられます。そこでこのような指標を使っているわけです。
ですから、この研究手法の欠点としては本当に死亡率が改善しているかどうかが最終的にはわからないことがあります。また、なるべく厳密におこなっているはずですがホルモン治療を開始するかどうかという判断はある程度恣意的なものが入り込む可能性があります。これらは研究方法としては欠点ではありますが、結果の主旨は変わらないでしょう。逆にホルモン治療があるということで倫理的な問題を回避できていると考えられます。ただ、ちょっと引っかかるところもありますね。

期待される結果ではありますが、実際に生存率が上がるかが直接的には示されていないこと、転移に対する定位放射線治療の保険適応がかぎられていることなどからも、すぐにどこの施設でも採用する、という事にはならないでしょうが、それでも一部の患者さんにはメリットがある可能性はあります。

原文: J Clin Oncol. 2018 Feb 10;36(5).Surveillance or Metastasis-Directed Therapy for Oligometastatic Prostate Cancer Recurrence: A Prospective, Randomized, Multicenter Phase II Trial.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ